ポリッシュオフのコツ・注意点

ポリッシュオフのコツ・注意点

ポリッシュオフ、3級と2級の試験に出てきます。
ネイル検定三級二級では、試験が始まってまず最初に


事前に塗ってきた赤いポリッシュを、リムーバーを含ませたコットンボール等で取り


何も塗られていない爪の状態に戻します。


これがポリッシュオフです。


その前に


試験の前の日までに、モデルさんの爪に、赤いポリッシュを塗っておきます。


試験の本番で使うポリッシュと同じものを使う方が多いと思いますが、


試験の指定商品であれば、違っていても大丈夫です。


さて、その事前塗りですが、適当でいいか?というと・・・


事前審査で試験官に見られます。


ポリッシュオフをスムーズにするためには、


必ずベースコートを塗布をしてください。
直接ポリッシュを爪に塗布してしまうと


自爪に色素がついて取れなくなってしまったり、


スムーズにポリッシュオフできなくなります。

なので、事前塗りの時も必ずベースコート塗布です。


試験で早くポリッシュオフしたいから、当日試験前に塗布?


ダメです!!


ほぼ毎回、試験当日に会場付近でそういう受験生を見かけますが


もし、試験関係者に見られて、今日の受験資格がなくなったりでもしたら・・・と思うと、


他人事ながらいつもひやひやします。


それに、一般の方にも良い印象を与えない気がするのですが・・・


要項にも書いてあったはず!!


事前塗りを当日会場付近で、というのはしないでほしいです。

 

さて


ポリッシュオフですが

 

@コットンボールにたっぷりとポリッシュリムーバーを含ませます。


たっぷりと、がポイントです。

 

 

Aコットンのリムーバーがついた面と、ポリッシュのついている爪を数秒押し当てます。


私は5秒くらい押し当てます。


しっかりとポリッシュに、リムーバーが浸透するのを待つのがポイントです。


Bするっとコットンボールをすべらせ、ポリッシュを取ります。


周りの皮膚につかないよう、まっすぐ爪の伸びていく方向にすべらせるのがポイント。

 

ポリッシュのついてしまった面は、再利用せず、その面が皮膚に当たらないよう、


コットンボールの中に巻き込んでください。


数回これを繰り返しますが、


細かい部分は、オレンジウッドスティックにコットンを薄く巻き付けて、


それにリムーバーを付けて取ります。


周りの皮膚に色がつかないように気を付けてポリッシュオフしましょう!


tsugihe